特定小電力トランシーバー(インカム)

資格、免許申請不要の手軽な通信手段として大変人気があり、 ビジネス、レジャーを問わず幅広く使用されています。”特小”・”インカム”とも言われます。

特定小電力無線には

  • 単信通信方式
  • 複信通信方式(同時通話)
  • 複数人数で同時通話ができる複数同時通話方式

があります。

特定小電力無線の通話距離

特定小電力無線の通話距離は約200m、見通しがよければ約1000mくらい飛びます。市街地などでは、100m程度の場合もあります。 同時通話方式の飛距離は単信通信より短くなります。特小の単信通信には飛距離を倍増する中継装置(レピータ)が許可されています。

チャンネル数

チャンネル数は”20ch”・デジタルスケルチなどでグループ分けができます。

電池

電池のほか、市販されている単3乾電池がほとんどの機種で使用できます。

同時通話方式には

  1. 通話時間に制限のない「特定小電力1mW機」
  2. 制限時間3分の「特定小電力10mW機」
  3. 「10mW/1mW」切り替えのできる3種類

があります。

1mW機は通話時間に制限がないため、通話が途切れると危険な作業連絡に適しています。また、同時通話方式の無線機は、 ヘッドセットを取付ければ電話感覚でのハンズフリー通話ができます。

同時通話方式は、基本的には1:1の通話となります。複数人数で同時通話ができる機種にはMICS・ミックスやIC-4880・IC-MS4880 があります。

2021年 11月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

休業日

  1. 特集「除雪作業にIP無線」

  2. 特集 学校行事ではトランシーバーが大活躍

  3. 特集 製品紹介「iCOM IP500シリーズ」を知ろう

  4. 特集「アナログ無線機の使用期限」