特定小電力トランシーバーの通信エリアを大幅に拡張する中継装置 屋外常設を前提にした堅牢設計

MTR-510D

販売終了品

後継機種についてはお問い合わせください

障害物などで電波が届きにくい場所での通信を可能に

  • 保護等級IP66/67に対応した堅牢設計
  • 各種設定をスマートフォンなど無線LAN経由(2.4GHz)で変更可能
  • 緊急呼び出しに対応した緊急ボタンを用意
  • 中継機同士をLANケーブルで接続し、通話エリアを拡大することも可能
~200m
防塵IP6X
防水IPX6
防水IPX7
本体1年保証
申請不要

仕様

メーカー / 型番 モトローラ / MTR-510D
本体寸法 約100(H)×150(W)×34(D)mm
重量 約310g
防水性 IP67 ※
チャンネル / 周波数帯 単信通信20ch/422.0500~422.3000MHz
中継対応27ch/421.5750~421.9125MHz、440.0250~440.3625MHz
送信出力 10mW / 1mW
対応トランシーバー CL168 / CL168L / CL268
  • 本体寸法は突起物を除いたものです。
  • ※ IP67とは、粉塵が内部に入らず、水深1mに30分間浸けても有害な影響を受けないことを示します

こんな場面で活躍します

建設現場・工事現場

運送

スポーツ大会

飲食店・ショップ

通信環境の目安

屋内屋外
ワンフロア木造1戸建マンション・ビル別棟相手が見える範囲相手が見えない環境
----
  • ※実際の通信範囲は環境によって異なります。

通信環境の目安

  • ※実際の通信範囲は環境によって異なります。

各種ダウンロード

カタログPDF

モトローラ MTR-510D オールリセット手順

オールリセットを行うことで、すべての設定を工場出荷時の状態に戻すことができます。スイッチを押しても反応しない、誤作動しているなど、正常に動作しないときは次の手順でモトローラMTR-510Dのオールリセットをお試しください。

※Wi-Fiが使用できる環境下で行ってください

  • ①外部電池を切り、10秒以上経ってから再度電源を入れ直してください
  • ②スマートフォンのアプリで「設定」→「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fi」をタップします
  • ③Wi-FiをONにし、「RPT510D-XXXXX」(XXXXXはSSIDの番号です)をタップします
  • ④パスワードを入力し、接続をタップします。パスワードはSSIDを逆順で2回入力し、最後に*を追加します。
    Wi-Fiが接続された後ブラウザを起動し、検索ボックスにhttp://192.168.4.1のIPアドレスを入力します
  • ⑤約10秒後に設定用画面(Repeater Info.画面)が立ち上がるので「Basic Set」「Detail Set」のいずれかを選択し、画面下の「Factory Reset」をクリックします
  • ⑥ポップアップ画面が表示されるので「YES」をクリックします
  • ⑦「↑UPLOAD」をタップします
2021年 12月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

休業日

  1. 特集「除雪作業にIP無線」

  2. 特集 学校行事ではトランシーバーが大活躍

  3. 特集 製品紹介「iCOM IP500シリーズ」を知ろう

  4. 特集「アナログ無線機の使用期限」