1対1同時通話無線

  • 通信距離150m
  • 資格不要
  • 申請不要

電話のように自然に話をしたり、2人でタイミングを合わせるような共同作業を行うための無線機です。

交互に話す一般的なトランシーバーとは違い電話感覚の同時通話で話すことができ、ヘッドセットをつければハンズフリーで会話をしながら両手で作業を行うことが可能です。

■ 飛距離は50m~150m程度で、単信通信より短くなります。

■ 同時通話方式は両手を使わないハンズフリー通話が可能で、クレーン作業やドローンの操縦など、作業をしながら通話する場合に最適です。
そのほか、測量・軽量クレーン作業・農薬散布・工場の生産ライン・倉庫のフォークリフトの運転者・電設工事・電話工事・土木工事現場で使われています。

複数人で同時に通話できる複数同時通話についてはこちら➡

交互通話の無線機(特定小電力無線)はこちら➡

こんな場面におすすめします


スタンダード

アイコム

アルインコ

シーエスアール

2021年 12月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

休業日

  1. 特集「除雪作業にIP無線」

  2. 特集 学校行事ではトランシーバーが大活躍

  3. 特集 製品紹介「iCOM IP500シリーズ」を知ろう

  4. 特集「アナログ無線機の使用期限」