中継装置

  • 資格不要
  • 申請不要

特定小電力無線機は微弱な電波を使用するため、広いエリアや障害物によって電波がさえぎられるなどで交信ができない場合があります。

そんな時、中継装置を設置すると解決する場合があります。

10mWの特定小電力無線機でも、 中継装置を取り付けることによって一段とワイドな通信が可能になります。

■ 「通話したいエリアが広くて会話が途切れる」「途中に障害物があるので、電波が届かない」「もう少し飛距離を伸ばしたい」こんな時に中継装置をご検討ください。

■ 見通しの良い高い場所、障害物のない場所に中継装置を設置すると、広いエリアをカバーしやすいです。

■ お持ちの特定小電力トランシーバーで、通信したいエリア内のどの場所にいる人とも通信できる場所を探してください。そこに中継装置を設置すると、エリア内全体をカバーできるようになります。

■ 建物の構造によってカバーできるエリアは異なります。

■ 工場・広い構内・ゴルフ場・遊園地・テーマパークなどさまざまな業種で利用されています。

こんな場面におすすめします


モトローラ

スタンダード

スタンダードホライゾン

関連商品はありません。

アイコム

ケンウッド

アルインコ

シーエスアール

2021年 12月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

休業日

  1. 特集「除雪作業にIP無線」

  2. 特集 学校行事ではトランシーバーが大活躍

  3. 特集 製品紹介「iCOM IP500シリーズ」を知ろう

  4. 特集「アナログ無線機の使用期限」